一般的に健康茶では、原材料にある有効成分をしっかりと抽出するため煮出す時間は長めである必要があって、

一般的に健康茶では、原材料にある有効成分をしっかりと抽出するため煮出す時間は長めである必要があって、

それによって苦さや渋さが強く出やすいのですが、万能茶は、ほど良い甘み、それと香しさが出るよう組み合わされています。

 

 

とは言え、味の嗜好性はそれぞれですので、シロップや蜂蜜で甘味をつけたり、レモンやミルクなどと一緒に飲んだり、自分の好みに合わせて飲むことができますよ。

 

村田園の万能茶の素材には、甜茶も使われています。

 

甜茶に含まれる代表的な成分はマグネシウムです。

 

一般的にマグネシウムは、便を柔らかくする作用があると言われ、病院でも処方される便秘解消の薬として利用されるミネラルの一種です。

 

また、村田園万能茶の素材にはドクダミもあり、ドクダミ茶は昔から便秘解消のお茶と広く愛飲されています。

 

同様に田舎麦は胃腸に優しく作用して、食物繊維を服もウーロン茶ととうきびのおかげで、万能茶は便秘対策に有効と評価が高いのです。

 

それぞれ、単品のお茶として便秘解消を実感された愛飲者が多数いるのですが、それらを一緒に摂ることにより相乗効果となって便秘が改善できするのだろうと思われます。

 

普段飲むお茶を村田園万能茶にするだけで嬉しい変化に気づきます。

 

村田園の万能茶を続けることで、意識することなく薬草や穀物などに含まれる多くの人の体に優しい成分を摂取できます。

 

原材料の自然由来の成分のおかげで、便秘やむくみの改善になって身体が軽くなる感じです。

 

万能茶は、朝ホットで飲み続けると効果的です。

 

夜お休み前や水筒で携帯してお好きなタイミングで飲んでもOKです。

 

大事なのは、無理せずに続けることです。

 

苦みや渋みが苦手であれば、やかんで煎じる時間を数分にしてもいいでしょう。

 

はちみつで甘みを増したり、レモンで香りを付けたりするのもいいですよ。

 

暑い日には、冷やしたアイスティーのようにして飲んでみるのもいいでしょう。

 

万能茶には、ハブ茶が使われています。

 

ハブ茶は、酷い便秘の際に処方される漢方薬です。

 

ハブ茶にはアントラキノン誘導体という成分が含まれていて、その成分は胃で吸収されず、腸を刺激するので排便を促します。

 

それに大麦やとうきびも使われていて、それらは食物繊維を多く含みますからやはり腸の活動の助けになりますよね。

 

大麦にはカリウムも含まれいて利用の作用があり、身体の巡りをよくしてくれます。

 

食べたら余分なものは出すべきものは出す、という点で優れていますね。

 

どくだみを煎じて飲むお茶は、便秘解消のお茶として販売されていますが、飲み過ぎによってお腹が緩くなることがあります。

 

しかし、万能茶のように何種類かの素材がブレンドされたお茶であれば、どれか1つを飲み過ぎてしまうリスクはないです。

 

お茶でもなんでも食べ物は、健康にいいからといって一つのものをずっと摂り続けるとか規定以上にたくさん摂るのではなく、適量を毎日摂る、継続して摂ることが目的がかないやすいと覚えておきましょう。

 

WEB限定パッケージの万能茶は1パックで1Lのお茶が作れるので、1日分の水分がこれで摂取できます。

 

ミネラルやビタミンを多く含むため疲労感を軽減させるにも良いのですね。

 

心身ともに効果のあるお茶なのだと思います。

 

WEB限定パッケージのお試しセットは、500円で万能茶18g×5個と健康十二穀米2つは付きますので、本格的に飲み続けることができるかどうか分からないからと躊躇されている方には大変嬉しい内容です。

 

万能茶をはじめ、今まで健康飲料などに試したことがなかった人は、ジュースばかり飲むのは体に良くないけれど、日本茶などであれば、無駄な糖質や脂質は入っていないからそれで十分なのでは?

 

と考えられている人が一定数いるようです。

 

しかし、万能茶はそんな人たちを驚かせます。

 

美味して飲みやすく、一日に何度か毎日飲んでも飽きないし、それと体に良い原材料がたくさん入っているからです。

 

 

 

page top