万能茶に含まれる原材料は自然由来で、美容のために「はと麦/柿の葉/桑の葉」の3種類、

スッキリのために「ハブ茶/とうきび/大麦」の3種類、グズグズ解消とリラックスのために「桑の葉/ウーロン茎/アマチャヅル」の3種類、その他に大豆、くま笹、クコ、浜茶、どくだみ、甘草、甜茶の7種類の合計16種類です。

 

 

あなたが健康いるための効果が期待できるブレンドです。

 

天然素材で、人工的に合成していないお茶ですのでなお安心ですね。

 

万能茶をはじめ、今まで健康飲料などに手を出したことがなかったという人は、ジュースばかり飲むのは体に良くないけれど、日本茶などであれば、無駄な糖質や脂質は入っていないからそれで十分なのでは?

 

と思っている人が少なくありません。

 

でも村田園の万能茶の特徴を知ると驚きます。

 

美味しいし飲みやすいし毎日飲んでも飽きがこない、そして健康にも良い成分が多く使われているからです。

 

痩身志向は、食べたものをお腹に溜めておかないというのが理想です。

 

村田園万能茶の素材にあるとうきび、大麦、ハブ茶の主な作用によって腸内運動が活発化されます。

 

他に16種類の野草や和漢植物、穀物を配合することで、体に優しい飲み物になっています。

 

なぜなら、これらは排泄をよりサポートし、結果的にはお腹の見た目が、スッキリすると期待できるわけです。

 

それにやかんや鍋で1回に数リットル作れますので、ホットでもアイスでも飲めるという気軽さは、継続的な努力で痩身を実現するという点を基本事項もカバーしています。

 

ドクダミ茶は便秘解消のお茶として販売されていますが、飲みすぎるとお腹をこわすことがあります。

 

しかし、村田園の万能茶のようにどくだみ以外にも何種類かの素材が使われたお茶であれば、どれか1つを飲みすぎることはありません。

 

お茶に限らず、食品は美容や健康にいいと言われても特定の何か1つだけにこだわって規定以上にたくさん摂るのではなく、体に合う量を継続して摂ることが症状の緩和や良好な状態になることを覚えておきましょう。

 

万能茶はカフェインを含む素材は不使用ですから赤ちゃんだって飲むことができます。

 

それに赤ちゃんにありがちな便秘の対策にもなります。

 

また、習慣づけることで糖分が多いジュースは飲まなくても済みます。

 

そうすれば、糖分の取り過ぎを気にすることもないので、虫歯を防げますね。

 

糖分は含まれませんが、ほんのり甘いお茶なので、小さい子供でも飲みやすいです。

 

人気が高いのもうなづけますね。

 

妊娠中から産後、赤ちゃんから大人までずっと飲み続けることができるお茶です。

 

村田園の万能茶は1982年から販売され、現在は年間300万本以上も売れている長寿商品です。

 

ノンカフェイン、ノンカロリーだから誰でも安心して飲めて、一袋で24リットル分のお茶が作れるのでお得感が強いと思います。

 

最近は、健康志向の人が多いので手軽に飲める健康茶が人気となっている背景もあり、万能茶は多くの人に愛されている商品です。

 

一般的に健康茶では、それに含まれる有効成分をしっかりと抽出するため煮出す時間は長めである必要があって、それによって苦さや渋さが強く感じられやすいのですが、村田園の万能茶はほのかな甘味と香ばしさになるように組み合わされています。

 

とは言え、味の嗜好性は様々なので、シロップや蜂蜜で甘みを加えたり、レモンやミルクなどと一緒に飲んだり、自分の好みに合わせて楽しむことができます。

 

万能茶は、健康飲料といわれる飲み物で、いろいろな自然由来の原材料が配合されています。

 

16〜20種類もの生薬や漢方がブレンドされていてやかんで煎じたりしますが、好みやその時体調に合わせて煎じ方を変えて、都合のいいように飲めます。

 

健康食品が注目されている中、忙しい現代人にとって万能茶は手軽に体に良い成分を摂れるのでとても重宝します。

 

しかし、万能といっても処方薬同様にすぐ効果があるわけではないので、少しずつでも続けることが大切です。

 

毎日続けるのが難しいと気が引けるかもしれませんが、まずは1日に1杯だとしても続けることを念頭に進めていきましょう。