万能茶の特徴として、便秘の解消、血圧の安定、良質な水分摂取、

アレルギー症状(花粉症など)、無理のないダイエットがあります。

 

 

水分を摂る場合、紅茶、コーヒー、加糖したジュースなどは、手近で便利なので利用しがちですが、これらは体の健康のためにはあまり良いことではありません。

 

糖分が多い炭酸飲料などで肥満になったり、人によってはカフェインのせいでトイレの回数が増えると水分不足になってしまうことも考えられます。

 

そういった意味で村田園万能茶は、100%天然素材でできておりカフェインもカロリーもないので、妊娠中の女性でも子供でも飲むことができます。

 

村田園の万能茶に使われている原材料は自然由来で、美容サポートに良いとされるはと麦、桑の葉、柿の葉の3種類、スッキリのために「ハブ茶/大麦/とうきび」の3種類、グズグズ解消とリラックスのために「桑の葉/アマチャヅル/ウーロン茎」の3種類、その他に大豆、くま笹、クコ、浜茶、どくだみ、甘草、甜茶の7種類の合計16種類です。

 

健康な体調を維持するの効果が期待できるブレンドです。

 

自然由来の原材料で、人工的に合成していないお茶ですのでなお安心ですね。

 

万能茶のボタニカルセットは1パックで1Lのお茶が作れるので、1日分の水分がこれで摂取できます。

 

ビタミンやミネラルが豊富なため疲労感を軽減させるにも良いのですね。

 

疲れが取れてリラックスできる健康茶というわけです。

 

創業35周年記念のボタニカルセットは、500円で万能茶18g×5個と健康十二穀米2つは付きますので、本格的に飲み続けることができるかどうか自信がないと躊躇されている方には大変嬉しい内容です。

 

村田園万能茶には、ハブ茶が使われています。

 

ハブ茶は、酷い便秘の際に処方される漢方薬です。

 

ハブ茶にはアントラキノン誘導体が含有しているからです。

 

その成分は胃で吸収されず、腸内運動を活発にして排便を促します。

 

それに大麦やとうきびも使われていて、それらには食物繊維が多く含みますからこちらも排便の役に立ちます。

 

大麦にはカリウムも含まれいて利用の作用があり、適切な排尿は体の巡りを良くします。

 

キチンと消化して出すべきものは出す、という働きは良いですね。

 

村田園村田園の万能茶とは、いわゆる健康茶といわれる飲み物で、様々な天然素材が合わさっています。

 

生薬や漢方が少なくても16種類入っていてやかんで煎じたりしますが、好みやその時体調に合わせて煮出す時間を加減して、都合のいいように飲めます。

 

健康食品が注目されている中、忙しい現代人にとって万能茶は手軽に健康成分を摂取できるのでとても重宝します。

 

とは言え「万能」茶ですが、処方薬同様にすぐ効果があるわけではないので、毎日飲み続けることが大事です。

 

毎日飲むのは厳しいなと思う方もいるかもしれませんが、まずは1日1杯から続けることを念頭に始めていきましょう。

 

毎日のお茶を村田園の万能茶にするだけで変化が起きるのです。

 

この村田園村田園の万能茶を飲むことで、意識することなくたっぷりの薬草や穀物類の人の体に優しい成分を摂ることができます。

 

自然由来の素材の有効成分によって、女性の悩み(便秘、むくみなど)の改善になって健康を実感できます。

 

万能茶はカフェインが入っていなので、赤ちゃんだって飲むことができます。

 

それに赤ちゃんにありがちな便秘の対策にもなります。

 

また、習慣づけることで子供に好きそうな甘いジュースを飲み過ぎの防止ができます。

 

すると過剰な糖分を心配することもなく、虫歯を防げますね。

 

砂糖は入っていないけどほんのり甘いお茶なので、小さい子供でも飲みやすいです。

 

人気が高いのもうなづけますね。

 

妊娠中でも出産後でも赤ちゃんから大人までずっと飲み続けることができるお茶です。

 

一般的に健康茶では、原材料にある有効成分を十分に抽出するために長い時間で煮出す必要があり、そのため独特な苦みや渋味が感じられやすいのですが、万能茶は、ほど良い甘み、それと香しさが出るよう組み合わされています。

 

もちろん味の好みはそれぞれですので、シロップや蜂蜜で甘みを加えたり、ミルクやレモン等と合わせたりして、自分の好みに合わせて飲むことができますよ。