万能茶は、一般の健康茶と同じく煮出すことによって健康に良い成分を得ます。

万能茶は、一般の健康茶と同じく煮出すことによって健康に良い成分を得ます。

長い時間煮出すことで、健康に良い成分がたくさん抽出できますが、長い時間煮出すと苦味と渋みが強調されて、飲みにくくなるのも事実です。

 

 

ドクダミ茶のように茶葉から煮出すタイプは、お湯が沸騰していれば浸すだけで、それなりに抽出できます。

 

趣旨から煮出すはと麦などは、水に入れて火にかけてじっくり長い時間抽出しないと有効成分を抽出しにくいものもあります。

 

植物の茎、花、葉が材料の健康茶は、5〜10分程度で抽出されるものがほとんどで、植物の種子や根茎など硬い原材料や大きくて厚さがある材料は、長い時間煮出すようにするのがセオリーです。

 

万能茶には、食物繊維が多いハトムギや排便を促す作用があるドクダミ、田舎麦(整腸作用)、配合されているので、結果、便秘の解消に活躍します。

 

それとハトムギやドクダミには、余分な水分を排出する作用もあるので、お通じ改善とともに体の解毒効果もあります。

 

しかし村田園の万能茶はあくまで健康食品なので、薬と違って目に見える効果がすぐに出るということではないです。

 

日々継続することが大切になります。

 

万能茶には中毒性があるセンナは使われておらず、どくだみ、くま笹、はぶ茶など、副作用の少ない整腸作用のある原材料が使われています。

 

そういった意味で安心して飲むことができ、腸に優しくゆるやかにお通じを促すため、お通じに悩んでいる人や胃腸が弱いという自覚がある人におすすめできる商品です。

 

万能茶に含まれている柿の葉は、ビタミンCが多く含有し、肌トラブルに効果があります。

 

それとハトムギには、たんぱく質やカリウム等が都合よく含まれているため美肌作りには期待できます。

 

万能茶は1982年から販売され、現在も多くの方に愛されているロングセラー商品です。

 

ノンカフェイン、ノンカロリーだから飲む人を選ばず、一袋で24リットル分のお茶が作れるのでお得感が強いと思います。

 

健康志向の現代では、手軽な健康茶が主流になりつつある傾向で、村田園万能茶はたくさんの人に愛されている商品です。

 

万能茶を飲むのは、温めたものを朝に飲む習慣が効果を実感しやすいです。

 

夜お休み前や水筒で携帯して時と場所を選ばずに飲んでも大丈夫です。

 

大切なことは、無理せずに続けることです。

 

もし、苦さや渋さが気になるならば、やかんで煎じる時間を短くても構いません。

 

はちみつで甘みを増したり、レモンで香りを付けたりしてもいいでしょう。

 

暑い日には、冷蔵庫で冷やして経口補水液の代わりとして愛飲してもいいですね。

 

万能茶をはじめ、今まで健康飲料などに試したことがなかった人は、炭酸飲料だけ飲むと健康に良くないけど、日本茶などであれば、無駄な糖質や脂質は入っていないから問題ないと思っている人が少なくありません。

 

しかし、万能茶はそんな人たちを驚かせます。

 

美味しいし飲みやすいし一日に何度か毎日飲んでも飽きないし、そして健康にも良い成分が多く使われているからです。

 

痩身志向は、食べたものをお腹に溜めておかないという考え方があります。

 

万能茶に使われているハブ茶、とうきび(とうもろこし)、大麦の基本作用により腸内を活性化させることが期待できます。

 

他に16種類の穀物、和漢植物、野草などを合わせ使うことで、健康維持に最適な飲み物になっています。

 

これらの成分のおかげで、排便や排尿の助けとなり、結果的にはお腹の見た目が、スッキリすると楽しみなわけです。

 

それにやかんや鍋で1回に数リットル作れますので、作り置きして飲みたいときに飲むことができる手軽さは、ダイエットは継続することが大切という点を基本事項もカバーしています。

 

WEB限定パッケージの万能茶は1パックで1Lのお茶が作れるので、おおむね1日の水分補給が賄えます。

 

ミネラルやビタミンを多く含むため倦怠感を軽くすることができます。

 

疲れが取れてリラックスできるお茶なのだと思います。

 

創業35周年記念のボタニカルセットは、万能茶5包に十二穀米2パックで500円(税込・送料無料)ですので、自分の体に合うかどうか分からないからと定期購入を決められない方には大変嬉しい内容です。

 

 

 

page top