万能茶は未病に効くお茶です。

万能茶は未病に効くお茶です。

良質な天然素材が使われています。

 

 

お肌などの美容に良い3種類の原材料、スッキリをサポートする素材3種類、グズグズ&リラックスをサポートする素材3種類、その他の素材7種類の合計16種類もの健康に良い原材料が使われています。

 

こういった健康茶は効果を実感するため継続が必須で、苦かったりして飲みづらいと続けられず効能を実感する前に諦めてしまうものも少なくないですが、万能茶は効能だけでなくたくさんの愛飲者がいるように美味しくて飲みやすいから続けられると評価が高いです。

 

一般的に健康茶では、それに含まれる有効成分をしっかりと抽出するため煮出す時間は長めである必要があって、そのため独特な苦みや渋味が出やすいのですが、村田園万能茶はほのかな甘味と香ばしさになるように組み合わされています。

 

もちろん味の好みは様々なので、シロップや蜂蜜で甘味をつけたり、レモンやミルクなどと合わせたりして、美味しいと思える飲み方で楽しむことができます。

 

毎日のお茶を村田園の万能茶にするだけで嬉しい変化に気づきます。

 

この万能茶を飲むことで、意識することなく薬草や穀物などに含まれる多くの健康のためになる成分を摂取できます。

 

原材料の自然由来の有効成分によって、女性の悩み(便秘、むくみなど)の解消につながり健康を実感できます。

 

万能茶には、ハブ茶が使われています。

 

ハブ茶は、下剤にも使用されている漢方の一種です。

 

なぜ、ひどい便秘に良いかというとアントラキノン誘導体という成分が含まれていて、その成分は胃で吸収されず、腸を刺激するので排便を促します。

 

それに大麦やとうきびも使われていて、それらには食物繊維が多く含みますからやはり腸の活動の助けになりますよね。

 

さらに大麦にはカリウムもあるので利尿作用が期待でき、適切な排尿は体の巡りを良くします。

 

キチンと消化してキチンと出す、という働きは良いですね。

 

万能茶は、肥満気味の人にとってはとくに嬉しい痩身効果のある成分も多く含まれており、糖分・脂肪分・塩分の取り過ぎ気味と言われている現代人にも、万能茶は魅力的な商品と言えるでしょう。

 

ある年配者の体験ですが、高血圧を患っていながら万能茶を続けたところ、徐々に血圧が安定してきたと成功体験もありました。

 

今でも飲み続けており、不調を感じない日が多いようです。

 

村田園の万能茶は甜茶が使われています。

 

甜茶に含まれる代表的な成分はマグネシウムです。

 

一般的にマグネシウムは、便を柔らかくする作用があると言われ、医療機関で処方される便秘解消の薬として利用されるミネラル(必須元素)です。

 

それとドクダミも使われていて、以前からドクダミを煎じて飲むと便秘が改善できると広く愛飲されています。

 

同じように田舎麦は胃腸の機能を改善し、それととうきびとウーロン茶は食物繊維を含むので、村田園万能茶は便秘解消に一役も二役も買っているのです。

 

それぞれ、単品のお茶として飲んでも便秘解消の効果がある訳ですが、それらを一緒に摂ることにより相乗効果となって便秘解消に役立つのではないかと思います。

 

万能茶は30年以上ににわたり、現在は年間300万本以上も売れているロングセラー商品です。

 

ノンカフェイン、ノンカロリーだから飲む人を選ばず、一袋で24リットル分のお茶が作れるのでとても経済的です。

 

最近は、健康志向の人が多いので手軽に飲める健康茶が主流になりつつある背景もあり、村田園万能茶はたくさんの人に愛飲されている健康茶です。

 

村田園村田園の万能茶は身体の調子を改善していく様々な栄養素がたくさん含まれています。

 

そのうち特にミネラルやビタミンが豊富で、代謝を活発化させることにも期待できます。

 

こういった成分を摂取していくことにより、例えば「風邪をひきにくくなった」風邪をひきにくい、アレルギー症状が楽になった、お通じが良くなった、など等、普段の生活に広く改善が期待できる飲料として知られています。

 

 

 

page top