万能茶は甜茶が使われています。

甜茶に含まれる代表的な成分はマグネシウムです。

 

 

一般的にマグネシウムは、便を柔らかくする作用があると言われ、医療機関で処方される便秘薬として重宝されるミネラル(必須元素)です。

 

また、村田園万能茶の素材にはドクダミもあり、以前からドクダミを煎じて飲むと便秘が改善できるとして知られています。

 

同じように田舎麦は胃腸の機能を改善し、食物繊維を服もウーロン茶ととうきびのおかげで、万能茶は便秘解消に一役も二役も買っているのです。

 

それぞれ、単品のお茶として便秘解消を実感された愛飲者が多数いるのですが、村田園万能茶は同時に飲めることで相乗効果となって便秘解消に役立つのではないかと思います。

 

万能茶は、ハトムギ(食物繊維が多い)、排便を促す作用があるドクダミ、田舎麦(整腸作用)、配合されているので、便秘の改善に効果が期待できます。

 

また、ドクダミやハトムギには余分な水分を排出する作用もあるので、お通じ改善とともにデトックス効果が期待できます。

 

しかし村田園の万能茶はあくまで健康食品なので、薬と違って目に見える効果がすぐに現れるわけではありません。

 

日々継続することが大切になります。

 

一般的に健康茶では、原材料にある有効成分を十分に抽出するために煮出す時間は長めである必要があって、それによって苦さや渋さが強く感じられやすいのですが、万能茶はほのかな甘味と香ばしさになるように組み合わされています。

 

もちろん味の好みはそれぞれですので、シロップや蜂蜜で甘みを加えたり、レモンやミルクなどと合わせたりして、美味しいと思える飲み方で楽しむことができます。

 

ドクダミ茶は便秘解消のお茶として販売されていますが、飲みすぎるとお腹をこわすことがあります。

 

でも村田園の万能茶は、どくだみ以外にも何種類かの素材が使われたお茶なので、どれか1つを飲みすぎることはありません。

 

お茶に限らず、食品は美容や健康にいいと言われても特定の何か1つだけにこだわって規定以上にたくさん摂るのではなく、適量を毎日摂る、継続して摂ることが目的がかないやすいと注意しましょう。

 

万能茶は、温めたものを朝に飲む習慣が効果を実感しやすいです。

 

もちろん、夜寝る前や水筒で携帯してお好きなタイミングで飲んでもOKです。

 

大事なのは、無理せずに続けることです。

 

もし、苦さや渋さが気になるならば、やかんで煎じる時間を短くても構いません。

 

はちみつで甘みを増したり、レモンで香りを付けたりしてもいいでしょう。

 

熱中症対策用に冷やした経口補水液の代わりとして飲んでみるのもいいでしょう。

 

村田園の万能茶だけでなく、今まで健康飲料などに試したことがなかった人は、ジュースばかり飲むのは体に良くないけれど、日本茶などであれば、資質や糖質が余分に入っていないので問題ないと思っている人が少なくありません。

 

でも村田園の万能茶の特徴を知ると驚きます。

 

美味しいし飲みやすいし毎日飲んでも飽きがこない、それと体に良い原材料がたくさん入っているからです。

 

子供でも妊婦さんでも躊躇なく飲めるのは、村田園の万能茶のメリットの1つになります。

 

ご自身やご家族の健康のため良いものを取り入れたい人に気軽に続けられる方法の1つとして、万能茶を試してみる価値はあると思います。

 

万能茶に含まれる原材料は自然由来で、美容のために「はと麦/柿の葉/桑の葉」の3種類、スッキリのために「ハブ茶/とうきび/大麦」の3種類、グズグズ解消とリラックスのために「桑の葉/ウーロン茎/アマチャヅル」の3種類、それと「大豆/クコ/浜茶/どくだみ/甘草/甜茶/くま笹」を合わせて全部で16種類です。

 

あなたが健康いるための効果が期待できるブレンドです。

 

自然由来の原材料で、人工添加物を使用していない健康茶なので安心して飲めます。