万能茶をはじめ、これまで健康茶などに手を出したことがなかったという人は、

万能茶をはじめ、これまで健康茶などに手を出したことがなかったという人は、

ジュースばかり飲むのは体に良くないけれど、日本茶などであれば、無駄な糖質や脂質は入っていないから問題ないと考えられている人が少なくありません。

 

 

しかし、万能茶はそんな人たちを驚かせます。

 

美味して飲みやすく、一日に何度か毎日飲んでも飽きないし、それと体に良い原材料が多く使われているからです。

 

太り気味の人にとって村田園万能茶は、ありがたいダイエット効果成分も多く含まれており、糖質、脂肪、塩分を摂取し過ぎとなっている人ににも村田園村田園の万能茶は魅力的な商品と言えるでしょう。

 

私の父の体験談として、高血圧を患っていながら村田園の万能茶を飲み続け、徐々に血圧が安定してきたと成功体験もありました。

 

今でも飲み続けており、昔よりも身体の調子が良い日が多いようです。

 

万能茶には、食物繊維が多いハトムギや排便を促す作用があるドクダミ、田舎麦(整腸作用)、配合されているので、便秘の改善に効果が期待できます。

 

また、ドクダミやハトムギには余分な水分を排出する作用もあるので、便秘解消と合わせてデトックス効果が期待できます。

 

しかし村田園万能茶はいわゆる健康茶ですから処方薬とは違い目に見える効果がすぐに出るということではないです。

 

日々継続することが大事です。

 

万能茶に使われる素材には、ハブ茶もあります。

 

ハブ茶は、酷い便秘の際に処方される漢方薬です。

 

なぜ、ひどい便秘に良いかというとアントラキノン誘導体が含有しているからです。

 

アントラキノン誘導体は消化されずに小腸まで届き、腸内運動を活発にして排便を促します。

 

それに大麦やとうきびも使われていて、それらは食物繊維を多く含みますからこちらも排便の役に立ちます。

 

大麦にはカリウムも含まれいて利用の作用があり、身体の巡りをよくしてくれます。

 

キチンと消化して出すべきものは出す、という点で優れていますね。

 

ふつうの健康茶は、それに含まれる有効成分を十分に抽出するために長い時間で煮出す必要があり、それによって苦さや渋さが強く感じられやすいのですが、万能茶は、ほど良い甘み、それと香しさが出るよう組み合わされています。

 

とは言え、味の嗜好性は様々なので、シロップや蜂蜜で甘味をつけたり、ミルクやレモン等と一緒に飲んだり、美味しいと思える飲み方で飲むことができますよ。

 

万能茶は、一般の健康茶と同じく素材を煮出すことで有効成分を抽出します。

 

長い時間煮出すことで、有効成分がより抽出されますが、長い時間煮出すと苦味と渋みが強調されて、飲みにくくなるのも事実です。

 

ドクダミ茶のように茶葉から煮出すタイプは、お湯が沸騰していれば浸すだけで、抽出されます。

 

ハトムギ茶のように種子から煮出すタイプは、水に入れて火にかけて時間をかけじっくりと煮出さないと健康に良い成分を抽出しにくいものもあります。

 

植物の茎、花、葉が材料の健康茶は、5〜10分程度で抽出されるものがほとんどで、根茎や種子など硬かったり厚みがある材料なら時間をかけて煮出すようにするのが基本です。

 

村田園村田園の万能茶に使われている天然素材は、美容のために「はと麦/柿の葉/桑の葉」の3種類、スッキリのために「ハブ茶/大麦/とうきび」の3種類、グズグズ&リラックスをサポートする桑の葉、あまちゃづる、ウーロン茎の3種類、その他に大豆、くま笹、クコ、浜茶、どくだみ、甘草、甜茶の7種類の合計16種類です。

 

あなたが健康いるための効能を発揮するお茶です。

 

自然由来の原材料で、人工添加物を使用していないお茶ですのでなお安心ですね。

 

万能茶の効能は、、便秘の解消、血圧の安定、適度な水分摂取、花粉症などのアレルギー無理のないダイエットがあげられます。

 

水分摂取のため紅茶、コーヒー、加糖したジュースなどは、手近で便利なので利用しがちですが、健康のことを考えるとこれらは、あまり良いことではありません。

 

砂糖が使われている飲み物で太ったり、場合によってはコーヒー紅茶の利尿作用が強すぎて逆に水分が不足になりえます。

 

その点、村田園万能茶ならば、100%天然素材でできておりノンカロリー、ノンカフェインなので、子供や妊婦さんでも飲むことができます。

 

 

 

page top