太り気味の人にとって村田園村田園の万能茶は、とくに嬉しいダイエット効果成分も多く含まれており、

糖分・脂肪分・塩分の摂取し過ぎと言われている現代人にも、村田園の万能茶は魅力的な健康茶と言えます。

 

 

ある年配者の体験ですが、高血圧を患っていながら村田園の万能茶を続けたところ、徐々に血圧が安定してきたと成功体験もありました。

 

今でも飲み続けており、不調を感じない日が続いているようです。

 

村田園万能茶は、一般の健康茶と同じく素材を煮出すことで有効成分を抽出します。

 

煮出せば煮出すほど健康に良い成分がより抽出されますが、それが長時間だと苦味と渋みが強調されて、飲みづらいことも良くあります。

 

茶葉から煮出すドクダミなどは、お湯が沸騰していれば浸すだけで、それなりに抽出できます。

 

ハトムギ茶のように種子から煮出すタイプは、水に入れて火にかけてじっくり長い時間抽出しないと健康に良い成分を抽出しにくいものもあります。

 

植物の葉や花から作る健康茶は、10分以下で抽出されるものがほとんどで、根茎や種子など硬い原材料や大きくて厚さがある材料は、長い時間煮出すことがセオリーです。

 

ふつうの健康茶は、原材料にある有効成分を十分に抽出するために長い時間で煮出す必要があり、それによって苦さや渋さが強く出やすいのですが、万能茶はほのかな甘味と香ばしさになるように調合されています。

 

とは言え、味の嗜好性はそれぞれですので、シロップや蜂蜜で甘みを加えたり、ミルクやレモン等と合わせたりして、自分の好みに合わせて飲むことができますよ。

 

万能茶はカフェインフリーのため妊娠されている方も不安なく飲むことができます。

 

カフェインフリーの飲み物は割高なものが多いですが、万能茶はコストパフォーマンスにも優れているので、その点でも安心できます。

 

また、美容サポートにいいと言われる成分、スッキリに毎日導きダイエットのサポートとなる成分、気持ちをリラックスさせる成分も配合されています。

 

ですから産後の美容対策、ダイエット、イライラ対策にいただくのもとっても向いていますね。

 

どくだみを煎じて飲むお茶は、便秘解消のお茶として販売されていますが、飲み過ぎによってお腹が緩くなることがあります。

 

でも万能茶は、どくだみ以外にも何種類かの素材が使われたお茶なので、どれか1つを飲み過ぎてしまうリスクはないです。

 

お茶に限らず、食品は美容や健康にいいと言われても特定の何か1つだけにこだわって1度に大量摂取するより、体に合う量を継続して摂ることが症状の緩和や良好な状態になることを注意しましょう。

 

万能茶には、ハトムギ(食物繊維が多い)、排便を促す作用があるドクダミ、腸の機能を改善する作用がある田舎麦などが配合されているので、結果、便秘の解消に活躍します。

 

また、ドクダミやハトムギにはむくみを解消する効果もあるので、便秘解消と合わせてデトックス効果が期待できます。

 

でも、万能茶はいわゆる健康茶ですから処方薬とは違い目に見える効果がすぐに出るということではないです。

 

毎日地道に続けることが大事です。

 

村田園の万能茶のボタニカルセットは1パックで1Lのお茶が作れるので、おおむね1日の水分補給が賄えます。

 

ミネラルやビタミンを多く含むため疲労感を軽減させるにも良いのですね。

 

疲れが取れてリラックスできるお茶なのだと思います。

 

創業35周年記念のボタニカルセットは、500円で村田園万能茶18g×5個と健康十二穀米2つは付きますので、自分の体に合うかどうか自信がないと躊躇されている方には大変嬉しい内容です。

 

ダイエットには、食べたものをお腹に溜めておかないというのが理想です。

 

村田園の万能茶に使われているとうきび、大麦、ハブ茶の基本作用により腸内を活性化させることが期待できます。

 

他に16種類の野草や和漢植物、穀物を配合することで、健康維持に最適な飲み物になっています。

 

なぜなら、これらは排便や排尿の助けとなり、結果的にはお腹の見た目が、スッキリすると楽しみなわけです。

 

それにやかんや鍋で1回に数リットル作れますので、作り置きして飲みたいときに飲めるという気軽さは、継続的な努力で痩身を実現するという点を基本事項もカバーしています。