村田園の万能茶は、食物繊維が多いハトムギやドクダミ(排便を促す)、

村田園の万能茶は、食物繊維が多いハトムギやドクダミ(排便を促す)、

腸の機能を改善する作用がある田舎麦などが組み合わされているので、結果、便秘の解消に活躍します。

 

 

それとハトムギやドクダミには、むくみを解消する効果もあるので、便秘解消と合わせてデトックス効果が期待できます。

 

しかし万能茶はいわゆる健康茶ですから薬と違って目に見える効果がすぐに出るということではないです。

 

毎日地道に続けることが大事です。

 

痩身志向は、しっかり食べて不要な分はきちんと排出するという考え方があります。

 

村田園の万能茶に使われているとうきび、大麦、ハブ茶の基本作用により腸内運動が活発化されます。

 

併せて16種類の穀物、和漢植物、野草などを合わせ使うことで、健康維持に最適な飲み物になっています。

 

なぜなら、これらは排便や排尿の助けとなり、結果的にはお腹の見た目が、スラっとしてくると期待できるわけです。

 

それにやかんや鍋で1回に数リットル作れますので、作り置きして飲みたいときに飲むことができる手軽さは、ダイエットは継続することが大切という点を基本事項もカバーしています。

 

ふつうの健康茶は、それに含まれる有効成分をしっかりと抽出するため煮出す時間は長めである必要があって、それによって苦さや渋さが強く出やすいのですが、万能茶はほのかな甘味と香ばしさになるように組み合わされています。

 

もちろん味の好みは様々なので、シロップや蜂蜜で甘みを加えたり、ミルクやレモン等と一緒に飲んだり、自分の好みに合わせて楽しむことができます。

 

村田園の万能茶だけでなく、これまで健康茶などに手を出したことがなかったという人は、ジュースばかり飲むのは体に良くないけれど、麦茶や緑茶などを飲むのであれば無駄な糖質や脂質は入っていないから問題ないと考えられている人が少なくありません。

 

でも万能茶の特徴を知ると驚きます。

 

美味して飲みやすく、毎日飲んでも飽きがこない、そして健康にも良い成分がたくさん入っているからです。

 

万能茶は、健康飲料と呼ばれるもので、様々な天然素材が合わさっています。

 

生薬や漢方が少なくても16種類ブレンドされていて煮出しますが、好みやその時体調に合わせて煮出す時間を加減して、都合のいいように飲むできます。

 

健康志向が流行っていますが、何かと忙しい人にとって村田園万能茶は手軽に健康成分を摂取できるのでとても重宝します。

 

とは言え「万能」茶ですが、処方薬同様にすぐ効果があるわけではないので、毎日飲み続けることが大事です。

 

毎日続けるのが難しいと気が引けるかもしれませんが、まずは1日に1杯だとしても続けることを念頭に始めていきましょう。

 

村田園の万能茶には、ハブ茶が使われています。

 

ハブ茶は、下剤にも使用されている漢方の一種です。

 

ハブ茶にはアントラキノン誘導体という成分が含まれていて、その成分は胃で吸収されず、腸内運動を活発にして便をゆるくしてくれます。

 

また、とうきび(とうもろこし)や大麦は、それらには食物繊維が多く含みますからやはり腸の活動の助けになりますよね。

 

大麦にはカリウムも含まれいて利尿作用が期待でき、身体の巡りをよくしてくれます。

 

食べたら余分なものはキチンと出す、という点で優れていますね。

 

WEB限定パッケージの万能茶は1パックで1Lのお茶が作れるので、1日分の水分がこれで摂取できます。

 

ミネラルやビタミンを多く含むため倦怠感を軽くすることができます。

 

疲れが取れてリラックスできる健康茶というわけです。

 

創業35周年記念のボタニカルセットは、500円で万能茶18g×5個と健康十二穀米2つは付きますので、自分の体に合うかどうか自信がないと定期購入を決められない方には大変嬉しい内容です。

 

万能茶の効能は、、便秘の解消、高血圧の快方、適度な水分摂取、花粉症などのアレルギー無理のないダイエットがあげられます。

 

水分を摂る場合、コーヒーや紅茶、炭酸飲料などは手近で便利なのでつい利用してしまいますが、健康のことを考えるとこれらは、決して良いものではありません。

 

砂糖が使われている飲み物で太ったり、人によってはカフェインのせいでトイレの回数が増えると水分不足になってしまうことも考えられます。

 

そういった意味で村田園の万能茶は、100%天然素材でできておりノンカロリー、ノンカフェインなので、子供や妊婦さんでも安心です。

 

 

 

page top