村田園村田園の万能茶には、ハトムギ(食物繊維が多い)、ドクダミ(排便を促す)、

村田園村田園の万能茶には、ハトムギ(食物繊維が多い)、ドクダミ(排便を促す)、

田舎麦(整腸作用)、組み合わされているので、便秘の改善に効果が期待できます。

 

 

また、ドクダミやハトムギにはむくみを解消する効果もあるので、お通じ改善とともにデトックス効果が期待できます。

 

でも、村田園の万能茶はあくまで健康食品なので、薬と違って実感できる効果が数日で出るということではないです。

 

日々継続することが大切になります。

 

村田園の万能茶は健康維持に効くお茶です。

 

良質な天然素材がブレンドしています。

 

美容サポートに良いとされる素材3種類、体の巡りに良い3種類の原材料、グズグズ&リラックスをサポートする素材3種類、その他と併せて16種類の健康に良い原材料がブレンドです。

 

こういった健康茶は続けられないと効果はなく、味がまずいなど飲みづらいと続かず体の変化を感じる前に諦めてしまうものも少なくないですが、万能茶は効能だけでなく多くの方に支持される様に美味しくて飲みやすいから続けられると評価が高いです。

 

万能茶は1982年から販売され、現在も多くの方に愛されているロングセラー商品です。

 

カフェインもカロリーもゼロですので、飲む人を選ばず、一袋で1杯200ミリリットルを120杯分作れるので、お得感が強いと思います。

 

健康志向の現代では、手軽な健康茶が主流になりつつある傾向で、村田園万能茶はたくさんの人に愛されている商品です。

 

万能茶には中毒性があるセンナは入っておらず、どくだみ、くま笹、はぶ茶など、副作用の少ない整腸作用のある原材料が使われています。

 

その点で不安なく飲めて、小腸や大腸に優しく効いてお通じを促すため、お通じに悩んでいる人や胃腸が弱い人におすすめできる商品です。

 

村田園の万能茶の原材料の柿の葉は、ビタミンCが豊富に含まれているため肌荒れやニキビの改善に効果があります。

 

また、ハト麦は、たんぱく質やカリウム等が都合よく含有しているため健康的な肌のために最適です。

 

村田園村田園の万能茶は、肥満気味の人にとってはとくに嬉しい痩身効果のある成分も多く含まれており、糖分・脂肪分・塩分の取り過ぎ気味となっている人ににも村田園の万能茶は魅力的な健康茶と言えます。

 

ある年配者の体験ですが、高血圧を患っていながら村田園村田園の万能茶を続けたところ、いつの日か「高血圧も改善された」と喜んで話してくれました。

 

今でも飲み続けており、不調を感じない日が多いようです。

 

村田園の万能茶は、一般の健康茶と同じく煮出すことによって健康に良い成分を得ます。

 

煮出せば煮出すほど健康に良い成分がたくさん抽出できますが、長い時間煮出すと苦味と渋みが強調されて、飲みづらいことも良くあります。

 

茶葉から煮出すドクダミなどは、お湯が沸騰していれば浸すだけで、それなりに抽出できます。

 

趣旨から煮出すはと麦などは、水に素材を入れて火にかけ時間をかけじっくりと抽出しないと健康に良い成分を抽出しにくいものもあります。

 

植物の葉や花から作る健康茶は、5〜10分程度で抽出されるものがほとんどで、植物の種子や根茎など硬い原材料や大きくて厚さがある材料は、時間をかけて煮出すことが基本です。

 

村田園万能茶の原材料にあるハト麦や弘法茶といわれる浜茶には、利尿作用があります。

 

その作用によって過剰な水分は体にため込まれず、体のむくみの解消に期待できます。

 

でも、むくみ解消に飲むなら温めて飲みましょう。

 

冷えたものだと体が冷えて血流や水分代謝が滞ることになってしまいます。

 

それに注意して女性が悩みがちな足や顔のむくみを改善する万能茶は、仕事や家事に疲れた女性におすすめしたいと思います。

 

万能茶を飲むのは、朝ホットで飲み続けると効果を実感しやすいです。

 

夜お休み前や水筒で携帯して時と場所を選ばずに飲んでもOKです。

 

大事なのは、無理せずに続けることです。

 

苦みや渋みが苦手であれば、やかんで煎じる時間を短くても構いません。

 

はちみつで甘みを増したり、レモンで風味を変えたりするのもいいですよ。

 

暑い日には、冷蔵庫で冷やして経口補水液の代わりとして飲んでみるのもいいでしょう。

 

 

 

page top