万能茶に含まれる素材を見ると、個人的にはくま茶が気になっています。

一度、試したいお茶だったからです。

 

 

甜茶も入っているので、評判とおり花粉症に効いてくれると嬉しいです。

 

単独でお茶にできる素材が混ざっているので、深い味わいになりそうだし、それぞれの成分も効きそうです。

 

試しに飲んでみようと思います。

 

万能茶の愛飲者によっては、痩身が楽しみ、目覚めが良くなってきたなどと実感できた方もいます。

 

確かにそうなんですが、じゃあ誰でも同じように実感できるかといえば、絶対にそうではないでしょう。

 

別に痩せたわけじゃないけど、「ただ美味しいお茶を毎日飲んでいるだけです。

 

」という感じの人もいます。

 

成分がミネラル、ビタミンなどが含まれるもので、温かくしても冷やしても楽しめます。

 

自然の成分が使われているので、安心して飲めて人にも勧めやすいです。

 

ノンカフェインですから病み上がりの人、妊娠中の人にも飲みやすい飲み物ですね。

 

万能茶は、コスパが相当良いと思います。

 

ふつうはやかんなどで5〜10分間ほど煎じると18グラムと水またはお湯で1000ミリリットルできますので、小さい湯のみなら約15杯、湯呑(大)はおよそ120ミリリットルですので8杯分、飲むことができます。

 

煮出す時間が長いとそれぞれの素材の成分が抽出されるという性質があるので、計算上は、お湯または水を増やしたらより長い時間煮出すことで、お茶の味は薄まってしまうことはないと言えます。

 

ただし、煮出す時間が長いと苦みを感じる可能性があるので、はちみつなどで味を調えて飲みやすくするという飲み方もあります。

 

ところで、一部の評価では、最近ハツラツとしているね、と言われるようになったという口コミも見受けられますね。

 

やはり、体の巡りやむくみが取れたのかなという顕著な体験ですね。